2006年 09月 20日

263. 催眠 ★★★

都内で「緑の猿」という謎の言葉を残して自殺をする事件が相次ぐ。 ベテラン刑事・桜井が事件を追う内に、心理カウンセラーの嵯峨に会ったことで、催眠で操られているのではないかと気付く。 「緑の猿」に怯えて助けを求めてきた女性・入絵由香を助けたいと近付いた嵯峨は、彼女が多重性人格者であることに気付いていくが・・・。 催眠治療が悪用されるとかなり怖いことになるという、現在風サイコ・ホラー作品。
f0094632_123017.jpg

1999年/日本/109分/落合正幸監督
原作:松岡圭祐/脚本:落合正幸、福田靖
出演:稲垣吾郎、菅野美穂、宇津井健、大杉漣、小木茂光
[PR]

by hanshinmai | 2006-09-20 00:00 | ホラー/スリラー


<< 264. 彼のオートバイ、彼女...      262. 疾走 ★★★ >>